講師紹介

市原 香代子(VMTA(VoiceerF Method Trainer Assosiation)公認トレーナー)

 

まずは、自己紹介などを  ←ブログページ


経 歴

玉川大学・旧文学部芸術学科演劇専攻卒業。

授業の一環として製作する舞台公演にキャストで出演しつつ、スタッフワークとして劇中歌の作曲やアレンジや歌唱指導を担当。
地元音楽教室ゴスペルクラスに12年間在籍。 クワイアー自主ライブや各種イベントに出演多数。

また、地元地域で子供たちの和太鼓指導経験あり。

IPC VOICE STUDIOの代表講師・AKIRA氏に師事。
最新の理論に基づいたボイストレーニング法、 VoiceerF Method(ボイスィーフメソッド)を学び、個人向けレッスン及びグループワークショップを行っている。

2012年、茂原市市制60周年記念ミュージカル『冬のオリヒメ』にて芸術監督。一部楽曲の作・編曲、歌唱指導、出演。

2013年、茂原市主催教室・ゴスペル講座の講師を担当。 同年11月、『Mobara GOSPEL Project』を立ち上げ、主催(~2021年2月まで)

2014年7月、茂原七夕まつりにて、茂原軽音楽協会企画のショートミュージカル『茂原七夕伝説』にて楽曲編曲・歌唱指導、出演。

2015年、バンドボーカルでアーティスト活動を開始。以降、ユニットや弾き語りソロでライブハウスやイベントへの出演多数。

2016年、睦沢町企画のゴスペル教室講師を担当。 同年12月より、 自主グループ『ボイス・オブ・むつざわ』のディレクターを務める(~2021年2月まで)

2016~2018年、茂原七夕まつり『ライブステーション織姫&彦星』に出演、MC担当。

2019年3月、睦沢町ゆうあい館にてMobara GOSPEL Projectとボイス・オブ・むつざわ合同ゴスペルコンサート『UNITY』開催。ディレクター・構成・演出を担当、220人の前で歌う。

2020~2021年10月、茂原公園にて茂原軽音楽協会主催『もばらミュージックセッション』出演及び全日程のMC担当。

2021年、千葉県内(習志野市・市原市・茂原市・いすみ市)の倫理法人会モーニングセミナーにて講師。

同年11月、成田コスモポリタンロータリークラブにて卓話を担当。

2022年3月~、長柄町太陽ファームカフェでのミュージックライブイベント開催。

2022年5月~、ボイトレレクチャー付き練習会・『歌会オープンマイク』スタート。


指導方針

★あなたのレベル・やりたいことに合わせたトレーニングメニュー

 声の出し方は個人差が非常に大きく、単一の方法だけですべての方を導くのは困難です。個人レッスンでは一人ひとりの課題にフォーカスし、適切なメソッドを選びながら改善につなげていきます。
 根本的な発声を整えるものから、歌のテクニック習得まで、幅広く対応することができます。

★実際に歌ってみる。発表機会の充実

 教室発表会や、気軽に参加できるオープンマイク式練習会など、人前で歌い場数を踏んでもらう機会を設けています。また近隣ライブスペースなどの歌えるイベント情報も提供しています。

★空いた時間にレッスンを

 レッスンのご予約は、ご希望の時間枠をお取りする方式を採っております。空き時間を利用してのレッスンも、曜日と時間を固定でのレッスンもOK。ライフスタイルに合わせてスケジュールを組むことが可能です。